ここから本文です

流動層型ジェットミル
CGS10(ラボ・スケール) [NETZSCH]

多様な粉砕を可能にするラボスケールの乾式粉砕機

特徴

● ラボスケールの対応機
実験室で使用できる小型の流動層ジェットミル。

● 幅広い原料に対応
軟質から硬質原料まで、様々な原料に対応。

● シャープな粒度分布
高性能分級機により、シャープな粒度分布を実現。

● 粗粒が混入しない
分級ホイール摺動部は、エアーパージによって粗粒の混入を防止。

● 様々な粉砕に対応
耐摩耗仕様・耐粉塵爆発仕様・高温ガス粉砕仕様。酸化防止のための不活性ガスによる粉砕も可能。

● 受託対応が可能
少量原料での受託対応が可能。

動画

仕様

型式 10
能力係数
風量 ※1(㎥/h) 50
ノズル数(個) 3
ノズル径(mm) 2.1
分級機動力(kW) 0.55
分級回転数(MAX)(mm⁻¹) 18,000
製品粒度d50 ※2(μm) 2.5 ~ 40
幅 (A)(mm) 2,150
奥行 (B)(mm) 850
高さ (C)(mm) 1,975
重量 (kg) 600
※1  0.7MPa(ゲージ圧)、20℃の粉砕エアーより換算 
※2 
重質炭酸カルシウムの場合(かさ密度2.7g/㎥)

用途実例

原料名 型式 粒子径(μm) 能力(kg/hr)
電池原料 10 d₉₇=2 1.4
黒鉛 10 d₉₇=4 2
希土類系磁石材料 10 d₉₇=4-40 5
樹脂 10 d₉₇=8 1.6
金属珪素 10 d₉₅=20 0.073
ポリ塩化ビニル 10 d₉₇=3.6 10
コークス 10 d₇₀ =5 1-5

製品検索

プロセスで絞り込む
業種で絞り込む
検索する