ここから本文です

高効率流動層型ジェットミル
e-JET [NETZSCH]

高温圧縮ガスを使用することにより、通常のジェットミルと比較して使用エネルギー30%以上カットを実現

特徴

● ユーティリティの低減が可能
高温圧縮ガスを使用する事で、コンプレッサーエアー容量を大幅に低減できる。
新しい粉砕方式のジェットミル。

● 幅広い原料に対応
軟質から硬質原料まで、様々な原料に対応。

● シャープな粒度分布
高性能分級機により、シャープな粒度分布を実現。

● 粗粒が混入しない
分級ホイール摺動部は、エアーパージによって粗粒の混入を防止。

● 大型機へのスケールUPが容易
スケールUPが確立されており、テストデータからの大型化が可能。

● 様々な粉砕に対応
耐摩耗仕様・耐粉塵爆発仕様。酸化防止のための不活性ガスによる粉砕も可能。

動画

仕様

型式 16 32 50 71 100 120 150 180
能力係数 0.35 1 2 4 6 9 12
風量 ※1(㎥/h) 64 270 790 1590 3180 4740 7340 9580
ノズル数(個) 3 3 3 3 3 4 4 4
ノズル径(mm) 3.4 7 12 17 24 25.4 31.6 36.1
分級機動力(kW) 1.5 4 7.5 15 30 55 75 90
分級回転数(MAX)(mm⁻¹) 12,000 7,000 5,100 3,600 2,600 2,200 1,700 1,550
製品粒度d50 ※2(μm) 2.5 ~ 60 2.5 ~ 70 2.5 ~ 80 3 ~ 85 3.5 ~ 90 4 ~ 90 5 ~ 90 5 ~ 90
幅 (A)mm 2,630 1,000 1,450 1,800 2,680 3,000 3,600 4,200
奥行 (B)mm 1,030 1,000 1,450 1,800 2,680 3,000 3,600 4,200
高さ (C)mm 2,160 1,575 2,270 2,880 3,930 5,000 6,100 7,300
重量 (kg) 1,500 680 1,200 3,000 5,400 11,000 16,000 20,000
※1  0.32MPa(G)、200℃の粉砕エアーより換算
2  重質炭酸カルシウムの場合(かさ密度2.7g/cm3)

用途実例

原料名 型式 粒子径(μm) 能力(kg/hr)
二酸化マンガン 32 d97 = 3 10
酸化ニッケル 32 d97 = 1.2 25
黒鉛 32 d97 = 5 10
アルミナ 50 d97 = 5 40
タルク 50 d97 = 8 80
シリカ 50 d97 = 8 100
コークス 32 d97 = 20 2

製品検索

プロセスで絞り込む
業種で絞り込む
検索する