社員インタビュー
INTERVIEW
03

K.H
技術職
出身学科:
電気電子学科 卒業
入社年度:
2014年新卒入社
経歴:
入社後、技術本部内の機械設計グループ・技術職に配属。経験を積んだ後、大学で電気を専攻していたことから現在は同じ技術本部内の電気計装グループ・技術職に所属。
SECTION 01

仕事のこと

わたしの仕事

工場の電気計装の設計・現場監督です。まず、お客さまの設備構想に合わせた機器の動作を設計します。そして実際に動かすために必要な部材をまとめ、機器の動作を管理する制御盤を設計します。工事も請け負う場合は制御盤から機器を電線でつなぐ作業の監督も行い、最終的に設備として問題なく動くことを確認するところまでがわたしの仕事です。

仕事のやりがい

設計したものが実際に動く瞬間は嬉しく、やりがいを感じます。わたしたちの仕事は基本的に決まった形がなく、全てオーダーメイド。基本設計から設備稼働まで一貫して担当するため、自分で考えた設計が直接形になっていきます。皮肉なものですが、失敗や苦悩を重ねて立ち上げた設備ほど、達成感が大きいこともあります。

SECTION 02

就活のこと

東洋ハイテックを知ったきっかけ

当時、わたしは電気・電子を扱う業界をメインに就職活動を行っていました。合同説明会よりも個別で行われている会社説明会に注目して探していたところ、東洋ハイテックを見つけました。プラントエンジニアリングという業種を掲げていましたが、不勉強で何をする会社なのかわからず、一度話を聞いてみたいと思ったことが東洋ハイテックを知るきっかけとなりました。

入社の決め手

初めの会社説明会から社長のお話を聞くことができ、会社のイメージをすぐに固められたことが入社の決め手になりました。自分の仕事のイメージと会社の目指すものが一致することで、その後仕事を長く続けていけるのではないか思います。自分をアピールすることも非常に重要ですが、あまり自分をつくりすぎず、本音を話して企業がそれを受け入れてくれるかを見極めるやり方も就職活動で必要だと思います。

SECTION 03

会社のこと

東洋ハイテックの第一印象と今

面接を受けたときの印象は「コミュニケーション能力のある人材を求める会社」でした。
実際に業務を始めると、自分ひとりでできることは本当に限られていて、いかに人と協力しながら仕事をするかが重要なのだと気づきました。お客さまとは完成のイメージに相違がないように話し合いを進め、協力会社にも認識のズレが生じないように内容を伝える。単純なことですがそれが非常に難しい。6年以上経った今でも、変わらず人とのかかわりを重視する会社だと思っています。

東洋ハイテックで働くために必要なこと

資格を持っている、ソフトが使える、英語が話せるなどの専門的な能力よりも人と円滑にコミュニケーションができる能力が求められます。仕事とは、自分ひとりで完結することがなく、必ず社員同士の協力や協力会社の力が必要です。自分の意思をしっかりと伝えること、人の話を聞き理解を深めることが何よりも重要であると考えています。

SECTION 04

わたしのこと

社会人になって成長したこと

新人のころは仕事内容を覚えることに必死で、仕事に対して自分の意思や意見を持っていませんでした。経験を重ねていくことで余裕も出てきて、今では自分ならこうしたいと意見を持てるようになったことが最も実感している自分の成長です。もともとわたしは主張の弱い人間でしたが、人との関わりが重要である今の仕事をすることで、プライベートでも自分の意思を尊重できるようになったと感じます。

社会人の楽しいこと・ツライこと

設備を立ち上げる仕事のため、日本全国ときには海外に出張することもしばしば。学生時代に旅行などあまりしなかったこともあり、業務とはいえど知らない土地へ向かうときはわくわくします。ただ、大きな案件になると数カ月の単位でその場所に滞在するので、自分の家が恋しくなるときもあります。

わたしの未来計画

今の時代、仕事の舞台は日本国内だけということは少なくなってきました。東洋ハイテックも海外オフィスを所有していますし、国内で受ける仕事も海外向けの案件が増えてきました。学生時代から苦手意識のある英語や、他の国の言語を今更ながらも勉強し直し、グローバルに活躍することを目指したいです。