社員インタビュー
INTERVIEW
01

K.O
技術職
出身学科:
応用化学科 卒業
入社年度:
2018年新卒入社
SECTION 01

仕事のこと

わたしの仕事

主に設計を行っています。設計とひとことで言っても、粉体機器の設計や架台(粉体機器を載せる足場)の設計、機器同士を繋ぐ配管や粉体を入れる容器の設計などさまざまなものがあります。また、物件内容によってはお客さまに提出する資料を作成することもあります。

仕事のやりがい

お客さまの要望に応えながら自分がベストだと思う設計をして、それが目に見えるものに変わり、設計した通りに据え付けられていく。その工程にやりがいを感じます。設計は一年目から任せられる仕事です。大変ですがやはり楽しく、東洋ハイテックで働く醍醐味とも言えます。物件が完成し、お客さまに引き渡した後の達成感もやりがいです。

SECTION 02

就活のこと

東洋ハイテックを知ったきっかけ

大学の教授から、紹介してもらったのがきっかけです。紹介してもらってすぐに東洋ハイテックの粉体技術センターを見学できる機会がありました。たくさんの機器が並んでいる景色を見て、難しそうな仕事だな、と思いつつも好奇心をくすぐられたことを覚えています。

入社の決め手

世間的にもかなりニッチな仕事だったからです。わたしの就活の軸は「楽しいと思える仕事に就くこと」。粉体を扱うと言っても粉体メーカーではなく、粉体機器メーカーでもない。粉体プラントエンジニアリングという今までに聞いたことがない世界で新しいことに挑戦できることが魅力的だなと感じました。

SECTION 03

新卒だったときのこと

入社前のイメージと入社後のギャップ

入社前は粉体を扱うのは簡単で、単純なものだと思っていました。しかし実際に蓋を開けてみると、粉体は原料によって性質が異なるため、一筋縄ではいきません。それぞれどのように設計するか苦戦している反面、毎回新しいことに出会える楽しさがあります。

入社1年でつらかったこと

社会人としてのマナーを身につけることです。言葉遣いに始まり、名刺の渡し方、メールの打ち方、工場内でのマナーなど、今まであまり考えてこなかったことだったので、なかなか順応できず苦労しました。特に工場内のマナーは、それぞれの工場によって決められたマナーがあるため、全てを覚えるまで時間がかかりました。

SECTION 04

わたしのこと

社会人になって成長したこと

東洋ハイテックの経営理念は、「喜びの創造」です。それを達成するために上司や先輩からは日々「お客さまにどれだけ親切でわかりやすい対応ができるか」を教えてもらっています。そのお陰で、入社したての頃と比べものにならないほど、作成書類や図面のクオリティーが上がりました。

学生時代の経験で役に立ったこと・立たなかったこと

大学生活ではアイスホッケーに打ち込んでいました。試合や練習に本気で取り組む環境だったため4年間続けた結果、多少のことでは動じない精神力と「やります!」と言える自信がついたことが仕事に活きています。

わたしの未来計画

世界に通用する設計者になりたいと思っています。今でもグローバルな案件に携わっていますが、コミュニケーションになるとまだまだ実力不足を感じています。さまざまな国の言語を勉強し、諸外国で活躍できるよう、努力していきます。