HOME > 採用情報 > 先輩社員紹介

採用情報

先輩社員紹介

鈴木 健之

東京技術部 第2グループ
鈴木 健之(28歳)

【出身】東海大学大学院 工学研究科 応用理学専攻 卒

これが私の仕事 全体を指揮する中継役。
現在はプラント物件を中心に設計を行っています。具体的にどのような仕事をしているかというと、フロ―シート(機械の流れなどの工程を表す)や製作図といった図面作成や、お客様との契約に欠かせない仕様書の作成、そして各機器の見積もり取得などです。ただ、エンジニアリング会社ですので図面を書くことは少なく、本当に全体の構成程度しか図面は書きません。
例えるなら、オーケストラの指揮者のようにと言ったら言い過ぎかもしれませんが、自分自身は全体を考え指示したり、仕入れ先や協力会社の中継役になります。そのため、何が必要なのか、どういった問題が発生しそうかなど、常に先を意識して考えながら仕事をしなければなりません。
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が設計したものが、世の中に形として残ること
自分が設計したものが形になっていたこと、それがお客様の施設に入り、役立っているというのは非常にうれしく思います。規模の大きいものを設計し、形として残り、お客様へ、また社会へ貢献していると想像するだけでもちょっとワクワクします。自分の設計したものが、その工場に行くたびに見ることができ、工事をしている時の記憶が鮮明に蘇るのも楽しみの一つですね。
早く一人前になって、あれは自分が造ったんだともっと胸を張って言いたいですね。笑
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き プラントこそ「モノづくり」の原点。社会に貢献できると考えたからです。
私はプラントに興味があり、プラント関係の仕事に就きたいと考えていました。その理由は、プラントこそモノづくりの「モノづくり」という原点だと感じ、広く社会に貢献できると考えたからです。また、やるからにはできるだけ自分で1つのものをやり通したい。しかし、プラントにはEPC(Engineering,Procurement,Construction)があり、ほとんどの会社が、設計は設計、調達は調達というように専門の担当によって細かく分担されています。 そんな中、弊社は設計~試運転まですべてを自分でできるということで、私の志望条件を満たしている会社でした。
そして、言いたいことを言える、上司も「さん」づけで名前を呼ぶなどといった風通しの良さそうな点も入社を決めた大きな理由です。
これまでのキャリア 6か月の研修期間では、「観察」、「質問」、「考察」を繰り返しながら仕事を通して学び、その後半年はサイロという、塔のような高さ20m以上ある原料貯槽タンクの設計をメインとして学びました。
この仕事のポイント
職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事
先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は自分を見つめる良い機会です。自己分析をすることで、今後自分がどのように生きていきたいか、どのような仕事をしたいのかを決める時間が就職活動です。
約40年間、働く方向性をたった1年で決めるのも無理があると感じる方もいるかもしれませんが、トコトン考えて、自分自身で出した答えならば進むことができるはずです。
正解はありません。とにかく企業に合わせるのではなく、「自分」をしっかりと持って自分に合う就職先を見つけてほしいですね。

先輩社員の声

齋藤 優子

制作段階全てに携わることが出来る

大阪技術部 第3グループ
齋藤 優子

東 和樹

様々な出会いが多い現場監督として・・・

大阪技術部 第1グループ
東 和樹

秋好 道洋

自分の書いた設計図でものができたときです。

東京技術部 第2グループ
秋好 道洋

今村 翔

お客様のニーズ、ウォンツを形にする仕事。

 

大阪技術部 第1グループ
今村 翔

米澤 千幸

お客様が求める粉体設備や粉体機器をご提案します。

 

大阪営業部 第2グループ
米澤 千幸

芳野 和香

社内での設計から現場監督までを一貫して担当します。

東京技術部 第2グループ
芳野 和香