HOME > 商品情報 > s-JET25 スチーム・ジェットミル(ラボ・スケール)

s-JET25 スチーム・ジェットミル(ラボ・スケール)

ph_c3aspec1a.jpg

特長

s-Jetスチーム・ジェットミルは過熱蒸気を用いる乾式粉砕により、1μm以下のナノレベルの超微粉を作り出すことが出来る装置です。
このs-Jetスチーム・ジェットミルをベースに「少量生産・サンプル出荷・新製品開発用ラボ機」としてs-Jet25を開発しました。

  • 粉砕粒度 d50 < 150nmを実現
  • シャープな粒度分布
  • 必要設置スペースが小さい(D3,100 x W3,000 x H2,750mm)
  • 少量サンプル品の粉砕に適している
  • 洗浄性が良い
  • 新製品の開発/研究に適している
  • 人間工学的デザイン

過熱蒸気による超微粉砕とシャープな粒度分布

圧縮空気の代わりに過熱蒸気を使用することにより、粒子速度が圧縮空気の倍近くになります。
粒子速度が倍になる事で粒子の衝突エネルギーは約4倍になります。
衝突エネルギーの増大によって、従来のエアー方式より処理能力が大きくなります。
また、実験データとして気体粘度が低い蒸気の方がカットポイントが小さくなる傾向があります。
分級は高性能ホイール"コンボール"を使用する事で、他機種同様にシャープな粒度分布になります。
これらの最新技術によってナノレベルの粉砕分級を可能にしています。

   

各部の説明

1.原料投入フィーダー

原料投入フィーダーは、計量器付きの二軸スクリューです。
その為、多様な原料に対応できます。
スクリューシャフトは取り外しができるので洗浄が簡単にできます。

2.製品捕集機

洗浄性の良さだけでなく、高い回収率と低い製品ロス率から本製品捕集機を採用。
使用しているフィルターは特に過熱蒸気に対応できる残留粉塵含有量<1mg/m3の高性能フィルターです。

3.蒸気ボイラー

キャビネット内に格納した蒸気ボイラーには、過熱蒸気を生成するために必要な全ての機器が含まれていて、ボイラーとヒーターは取扱いの容易な電気式です。
蒸気の圧力と温度の設定は操作盤で行います。

4.粉砕機

新しく開発したs-Jet25は、スパイラル・ジェットミルと風力分級機を組み合わせた粉砕機なので、粉砕室内の負荷に関係なく微細粒度を得ることができます。構造がシンプルなので、品種替えやバッチ変更後に全体を素早く洗浄することができます。更に残量のない粉砕も可能になったので、サンプル品の粉砕や微量生産用の理想的な粉砕機です。

5.制御システム

制御システムは、自動運転モードを使用することでテスト時の条件での再現が容易に行えます。
装置の運転はグラフィック表示で簡単に把握でき、重要なパラメーターは操作盤から入力して運転を行います。

仕様

蒸気流量[kg/h]*1 35
蒸気圧力[barG] 11
蒸気温度[℃] 300
製品粒度[μm]d50 *2 0.15
全長[mm] 3,100
全幅[mm] 1,200
全高[mm] 2,200
概算重量[kg] 2,200

*1 蒸気圧力11barの場合
*2 酸化アルミニウムの場合

商品に関するお問い合わせ