HOME > 粉体技術センター > 粉体技術センターについて

粉体技術センターについて

確かな解決法をもたらす粉体技術の発信基地

粉体は、さまざまな要因(前工程や粒度分布、粒子形状、含水率、気温、湿度など)に左右されます。
状況により、実に多様な様相を示すため、「粉は魔物」との言葉が生まれるほどです。
だからこそ、本当に優れた粉体プラントを構築するためには、確かな実験が必要なのです。

「粉体技術センター」は、そんなお客様のご要望に応えるために設立した、
充実のテスト設備を備えるパウダーテクノロジーの研究・開発拠点です。
(自社製品にこだわらず、ご要望に合わせた最適な機器選別を行います。)

電池・電子材料、食品、化学薬品、合成樹脂など、幅広い粉体に関するあらゆるテストを実施し、
お客様の分野に合わせた、確かなソリューションをご提供しています。

粉体技術センター

東洋ハイテックの中核を担う粉体技術センター

弊社には、粉体処理装置のスペシャリストとして提供している
さまざまな価値があり、その中核を担っている施設が粉体技術センターです。
お客様からのご依頼いただく、テスト、設計・検証のためのシミュレーション、 データ収集、分析や、その他社内外の研修・教育の場として
役立っています。

新製品の開発

実績一覧

粉体にまつわる様々な業種のお客様にご利用いただいています。

「粉体技術センター」では、粉体ハンドリングを中核とした各種工程に対応するため、充実したテスト設備を取り揃えています。
幅広い業界に携わる多くのお客様が粉体テストや機器の見学にご来場いただき、様々な課題の解決に役立てておられます。

  電気・電子材料 34%
  食品 22%
  化学薬品 9%
  樹脂・ゴム 9%
  窯業・ガラス・セメント 6%
  窯業材料と鉱石・鉱業 5%
  塗料・インキ 4%
  医薬品 2%
  建材 1%
  油脂・石鹸 1%
  メーカー及びエンジ会社 4%
  その他 3%

業種別来客数構成比

施設紹介

左:第1棟(開発検証棟)右:第2棟(粉体ハンドリングテスト棟)

左:第1棟(開発検証棟)
右:第2棟(粉体ハンドリングテスト棟)

第1棟では、新商品の開発、既存品の改良・改善、各種検証を行っています。
第2棟では、様々な粉体ハンドリングテストと関連装置のテストが可能です。

第3棟(混合・粉砕テスト棟)

第3棟(混合・粉砕テストおよび分析棟)

第3棟では、混合・乾燥テスト設備と微粉砕・ナノレベルの粉砕テスト設備を完備、さらに空調テスト室、独立テスト室も備えています。